◇◎◇暦とは?◇◎◇

時の流れ・・・

時間の流れを年・月・週・日といった単位に当てはめて数えるように体系付けたもの。また、その構成の方法論(暦法)や、それを記載した暦書・暦表(日常生活上の日本語でいわゆる「カレンダー」)をも指す。さらに、そこで配当された各日ごとに、月齢、天体の出没(日の出・日の入り・月の出・月の入り)の時刻、潮汐(干満)の時刻などの予測値を記したり、曜日、行事、吉凶(暦注)を記したものをも含める。日を記録するものをカレンダー、天象を予報するものをエフェメリス(天体暦)と分け、さらに日ごとに天象に加えて行事や占いや曜日などを総合して記述したものをアルマナック(生活暦)というように目的別に区分できるが、民間においてこれらは分かちがたく結びついていた。
現在、世界各国で広く用いられているのは、太陽暦の1つであるグレゴリオ暦である。 日本でグレゴリオ暦以前に使われた暦法は、太陰太陽暦であった。元嘉暦から宣明暦までは中国暦を輸入して使った。これを漢暦五伝という。貞享暦から天保暦までは、日本人の手によって作られた暦法である。 中国の暦が日本に伝えられたのがいつであるか定かではないが、『日本書紀』には欽明天皇14年(553年)に百済に対し暦博士の来朝を要請し、翌年2月に来たとの記事があり、遅くとも6世紀には伝来していたと考えられる。この頃の百済で施行されていた暦法は元嘉暦であるので、この時、伝来した暦も元嘉暦ではないかと推測される。 また推古天皇10年(602年)に百済から学僧観勒が暦本や天文地理書などを携えて来日し、幾人かの子弟らがこの観勒について勉強したとある。 官暦として正式に採用されたのがいつからであるかについては諸説ある。 平安時代に編集された『政事要略』という本には推古天皇12年(604年)から初めて暦の頒布を行ったと書かれているが、『日本書紀』では持統天皇4年(690年)の条にある「勅を奉りて始めて元嘉暦と儀鳳暦とを行う」という記事がはじめてであり、正式採用は持統天皇6年(692年)からという説がある。 文武天皇元年(697年)8月からは元嘉暦が廃され、儀鳳暦が専用された。儀鳳暦は唐で施行された麟徳暦のことである。元嘉暦と儀鳳暦の大きな違いは朔日の決定方法と閏月の置き方である。朔日については前者は平朔を、後者は定朔を使用していた。 また置閏法については元嘉暦が19年7閏月という章法を採用していたのに対し、儀鳳暦では章法に拘らない破章法を用いていた。儀鳳暦以降、大衍暦・五紀暦・宣明暦と唐で施行された暦法が相次いで輸入され施行された。実際の毎年の暦の作成・頒布は暦博士などの暦道の人々が行った。宣明暦は貞観4年(862年)より用いられたが、その後は中国との正式な国交が絶えたため、江戸時代まで823年間も施行された。 江戸時代になると日本でも独自に天文暦学が発展し、明の大統暦や西洋天文学の研究、天体観測が盛んに行われた。このようななかで、渋川春海が最初の自国の暦法である貞享暦を作るのに成功した。 貞享暦以後、宝暦暦・寛政暦・天保暦と日本独自に相次いで改暦が行われ、弘化元年(1844年)より施行された天保暦が日本で最後の太陰太陽暦であるが、それまで実施された太陰太陽暦のなかでもっとも精密なものといわれ、当時中国で用いられていた時憲暦を上回ったと評されているが、当時の世界の流れに逆行して不定時法を導入するなどの問題点もあった。 現在でも民間では太陰太陽暦は年中行事や占いのために用いることがあり、これを旧暦と呼んでいるが、これは閏月の置き方を天保暦に借りはしても数値や計算法は現代の理論に従っているので厳密には天保暦と同義ではない。なお現在の中国でも太陰太陽暦が農暦という名で使われており、基本的に日本の旧暦と同じであるが、1時間の時差のために日がずれることが少なからずある。

TOP