◎ 綿菓子 ◎


綿菓子(わたがし)とは、溶融した砂糖をごく細い糸状にしたものを集め、綿状にした菓子である。綿菓子は西日本の呼び方で、東日本では綿飴(わたあめ)と呼ばれることが多い。安価な甘い菓子なので子供に人気がある。
製造時に独特の甘く芳ばしい香りが漂うことから、よく縁日や街頭、祭りなどで屋台で売られている。目の前で作られる様子を見るのも客の大きな楽しみだが、屋台ではディスプレイとして、あらかじめ作ったものも、パンパンに膨らませた袋に入れて飾り売られている。近年では人気キャラクターの印刷された袋がよく使われる。 ふわふわとした食感が魅力だが、輸送時の振動などにより固まってしまうことが多いため、作ってすぐに食べることがほとんどである。

Example pic

わたがしの作り方

綿菓子は、綿菓子機と呼ばれる専用の機械によって作られる。綿菓子機は加熱機構を持った回転釜と、その周囲を取り囲む受け皿から構成されている。加熱は電気によるものが多い。回転釜の周囲には非常に小さな穴がいくつか開けられている。回転釜を加熱しながら高速で回転させて溶融した砂糖を遠心力で吹き飛ばし、すぐに空気中で冷えて糸状に固まった砂糖を割り箸などを用いて回収する。回収した綿菓子はその場で食べるか、空気で膨らませたビニール袋に入れて販売される。 回転釜の中に入れる砂糖としては、ザラメを用いることが多い。その理由は、穴の目詰まりを起こしにくい、融点が低い、加熱しても炭化しにくいためである。本来白いものだが、砕いた飴などを入れてピンク色などに着色し、屋台等では2色売られることも一般的になった。